一時的にお金を貸してくれる

国のキャッシング

被災者に給付される一時金や、見舞金、それらの類のものを国が直接提供していることは有名ですよね。
しかし、意外と知られていないのが、キャッシング関連の支援もしているということです。
キャッシングと言っても、一時的にお金を貸してくれる制度なんですが。
今回は、そのことについて簡単に説明していきたいと思います。

生活福祉資金貸付というものはご存知でしょうか?
これは、最大で10万円もしくは20万円までのお金を無利息かつ無担保で借り入れることができるサービスのことです。
ほかにも、国が行っているキャッシングはたくさんあります。

年金や恩給を担保にした特殊な貸付、これは最大で250万円までokですし、
災害復旧住宅融資というものもありまして、住宅の再建に最大で3000万円程度融資をしてくれます。
しかも始めの5年間が無利息になるケースがありますので、かなりありがたいですね。

そして、生活福祉資金貸付制度というものもありまして、
保証人さえいれば最大で150万円まで借り入れることができ、無利息無担保で最長半年間は返済猶予がつきます。
こういった国が2011年の震災の支援として行っているキャッシングをありますので、
被災者の方にはこのようなキャッシングを行うことをオススメします。

適用される金利ってどれ?

キャッシングサイトの公式サイトをご覧になってみたことがある人には分かると思いますが、
フリーローンなどの場合には金利○○%~○○%といった感じで表記されていると思います。
こういったものって一体どの金利が適応されるのかなんて分からなくないですか?

こちらの説明について、こちらでは記事を書いていこうと思います。

こういったキャッシングの利息は、基本的にたくさん借りられる人ほど安くなる傾向にあります。
例えば、10万円しか借りない人は15%の金利が適応されるかもしれませんけど、
100万円を借り入れられるような人間であれば、10%の金利が適応されるケースが多いです。

なぜなら、返済能力と借り入れ限度額は比例しているからなんですよね。
キャッシング業者はお客さまに返済能力があるのかどうを調べたときに、
あると判断した場合には躊躇なく豪勢なプランを用意してくれるんです。

たくさん借りてもらえればそれだけ利息が多く返ってきますし、信頼をすることができると
判断されたからなんですよね。

上限金利と時代の変化

こちらでは、キャッシングの上限金利と時代の変化について記事を書いていきたいと思います。
年を重ねるにつれて、テレビのニュースなどでは少しずつキャッシングに関連する法律、
もしくは貸し金業法に関連した法律が改正されていることはご存知かと思います。

そういったことを踏まえると、日本人なら誰でも昔と比べればキャッシングの利率は下がっているんだな、
ということが分かると思います。

キャッシングの金利というものは利息制限法によってその上限が定められていて、
2010年からは一定の上限金利を超えてお金を貸し出すと罰則の対象になるものとなっています。
違法な利息は、その分だけ無効とすると法律で決められていて、とても分かりやすくなりました。

今からだいたい50年くらい前の金利は1年間で109.5%と決められていましたが、
2010年からはすでに1年間で20%までとする、と定められています。

キャッシングを利用するわけ

皆さんのキャッシングを利用する動機ってなんなんでしょうか?
私の推測では、どうしても今すぐにお金が必要になってしまったとか、
未来の自分から前借をして資産運用を上手くやってのけたい、というものがありますが、
実際のところはキャッシングを利用する理由ってなんなんでしょうね。

もちろん人それぞれではあるのですが、たまに良からぬもののためにお金を借り入れる人もいます。
よからぬものとは、いわば生活費・交通費以外のもののためですね。
趣味にために使うのはいかもしれませんが、それって本当にキャッシングをする必要があるのでしょうか?

よからぬものという表現はおかしいかもしれませんが、キャッシングは本当に必要なときにしか
使わないようにするのが一番なんです。
何度も何度もキャッシングを使用することによって、一時的なピンチを安易な気持ちで
乗り切ろうとすぐに業者に頼ってしまう人もいると思います。

こういった人たちは注意していないと途端に借金地獄に陥ってしまいますので、
きちんと未来を見据えてから融資を受けるようにしてくださいね。

複数のキャッシング業者に申し込む行為

あなたは、一度にたくさんのキャッシング業者にお申し込みをするということをしたことはありませんか?
今までにそういったことをしていない人はこの記事を見てよかったですね。
絶対にそういったことはしない方がいいと思います。

最近のキャッシング業者はお客さまの審査を慎重におこなっている傾向にありますので、
下手をすると、複数の業者に一括申し込みをしただけでブラックリスト入りになってしまう恐れがあります。
借り入れを合理的にしたい気持ちは分かりますけど、逆効果になってしまうのでやめておいた方が無難です。

一度にいくつもの金融機関にお申し込みをするのはやめて、地道に1社ずつキャッシングのお申し込みをするようにしてくださいね。
そして、理想としては最終的に何度も借り入れるケースを想定して、
ずーっと同じ業者で信頼を積み重ねていく形が一番ですので、そこらの辺のことも考えると、
やはり堅実な手段を取るのが一番かと思います。

ただでさえ不況の世の中ですので、お互いにより信頼できる関係にありたいものです。
そのためには、借主であるこちら側もできるだけ不穏な行動は避けるべきですね。

山口こうたろう歯科